日曜日の夜は憂鬱。

 子供の頃からテレビ番組『サザエさん』のエンディングテーマが何故かマイナー調に聞こえたものでした。

 それは、オシャレをしても、車変えても、こんなオジさんになっても結局変化もないまま、来るべき月曜日の切なさを運んでくるのです。

 金曜日。
 仕事が終わり休みを迎えるまえの夜はあんなに素敵だったのに、『金曜日の夜よ、カムバック。カムバックサーモン!』と叫んでしまうこともしばしばですよね。

 私のように日曜日の夜になると、ひどく落ち込んでしまう。
 憂鬱になってしまう。
 仕事を辞めたくなってしまうなどの症状を俗に『サザエさんブルー症候群』と呼びます。
 患者は、全国で約1千万人はみえると思われます。
 予備軍も含みますと、その数は二千万人を超えるのではないか。とも私はどこかで聞いたような気さえしてきます。

 このような症状ですが、何もしないで放っておくと大変危険。
 本当にウツになってしまうかもしれません。
 今回は、この『日曜日の夜の憂鬱』を撃退する方法を皆様にお教えしたいと思います。

◆サザエさんブルー症候群の撃退法

1.月曜日にハードな仕事を詰め込まない
 日曜日の夜に憂鬱なのは何故か。
 簡単ですよね。月曜日から仕事があるからです。

 でも仕事っていろいろありますよね。
 自分で比較的スラスラできちゃうものから重た〜い仕事まで様々なはずです。

 月曜日は一週間のスタートの日。飛行機と同じで、緩やかな離陸を心がけたいものです。

 では、どうすれば気持ちよく余裕を持ったスタートが切れるのか。

 それには、前の週末のスケジューリングが大切。

 週末になると心と体は仕事に慣れてきます。また休日が近づいて来ていますので『ハイ』な状態です。

調子に乗って、次の週の予定を月曜日からみっちり入れてしまうと大変。

 間違いなく『サザエさんブルー症候群』の餌食です。

 このような事態に陥らないために、できれば月曜日は軽めの仕事を入れておきましょう。

 月曜日は何故かトラブル発生の電話がかかってきたりすることが多いもの。

 できれば月曜日の午前中は、自分の作戦タイムとしたいものです。

2.自分へのぷちプレゼントを用意する
 これもちょっとした工夫なのですが、月曜日は自分にぷちプレゼントを用意するというものお勧めです。

 私がよくやっているのは、月曜日の朝食に某ドーナッツ店のドーナッツを食するという方法。

 自分の好物で気持ちを高める。これって意外と効果的です。

 朝じゃなくても『仕事帰りには、喫茶店でゆっくり読書でもしてやろう!』なんていうのもいいかもしれません。

 『コンビニでチョコレート買って食べよう』なんていう本当にちっちゃいことでいいんです。

 こんな小さな積み重ねが『サザエさんブルー症候群』からあなたを守ります。

3.日曜日は体を動かしなさい
 来週の月曜日からは大忙しだから日曜日はゆっくり休もう。これも分からなくはない。よい心がけです。

しかし、日曜日に家でゴロゴロ・・・。という過ごし方はNGです。

 身体の疲れというのは半分以上が『心』から来ています。ということは『心の疲れ』を取り除かないと身体の疲れもストレスも解消されないのです。

 というわけで休日は思い切って体を動かしましょう。
 ジムに行ってランニング、スイミングというのもよし。
 太陽の光をサンサンと浴びながら散歩や畑作業というのもよいでしょう。

 昼間は、しっかり運動して、夜は早めにバタンキュー(これ若い人にも分かる表現かな)のほうがよっぽど疲れは解消するのです。

4.心の持ち方を変える訓練をしよう
 それでも『サザエさんブルー症候群』から抜け出せない人もいるでしょう。
『S.B.S(サザエさんブルー症候群の略。今頃になって使ってゴメンなさい。)』はそれほど根深い社会問題なのです。

 『S.B.S』の根本的な解消方法は、ただひとつ。
 それは仕事を辞めるという方法なのですが、この方法は新たな家庭の問題を引き起こす要因となるため、あまりお勧めは致しません。

 『S.B.S』は心の水虫と呼ばれるように、やはり長期治療が必要。

これには心の持ち方を変えるのが一番効果的です。
 たとえば、治療によく用いられる方法には『プラス思考プチ洗脳法』などがございます。

具体的には、こんな言葉をツイートする。
要するに気楽に考えることです。

・仕事があるだけいいよね。無かったら『S.B.S』にはならないけどもっとすごいストレスを抱えちゃうよね。

・ONとOFFって上手く切り替えられないよね。でもオレってそれだけ真面目ということだよね。

・頑張り過ぎない。みんながビル・ゲイツにはなれないんだから。

・仕事に100点はないよね。60点でもいいんだよね。

・サザエさんを家族でご飯を食べながら観ている。これって幸せだよね。

 
 日曜日。
 折角の休息日。
 
 楽しく過ごして、明日からのお仕事頑張り過ぎずに頑張りましょう。