「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)

ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2009-09-11
売り上げランキング : 6

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本日は、美崎栄一郎さん著の“『結果を出す人』はノートに何を書いているのか”をご紹介。

 なぜ同じことを経験しているのに、きちんと身につく人と、そうでない人とで違いが生まれるのでしょうか。
 これは頭の良し悪しとも、記録力の良し悪しとも関係がありません。 結果を出せる人と出せない人の違いは、ずばり「ノートの使い方」にあるのです。学んだことを確実に成果へとつなげるには、ノートに「経験」を「記録」し、ためていくこと大切です。たまった経験から問題が見える化したり、改善点も明らかになります。【Amazonの内容紹介より】

 スーパーサラリーマンの戦略的ノート術とは如何に
目次
●はじめに
・ノートで自分固有の経験をためる
・仕事の効率化・生産性のアップ
・社会人のノートは「忘れる」ために使う
・ノート術はビジネススキル
・デジタルツールの活用が幅を広げる

●第1章 ノートは仕事でどう使うのか?
・ノートは仕事で三冊使う
・思いつきを拾う「メモノート」
・情報の基地となる「母艦ノート」
・お勧めは綴じ形式・リングタイプも便利
・進行管理の「スケジュールノート」
・三冊ノート仕事術

●第2章 仕事ノートの選び方
・使い方・母艦ノートの選び方
・ルーズリーフタイプは上級者向け
・高級ノートでモチベーションを上げる
・罫線の種類にも使い勝手がある
・一コンテンツ、一ページが基本
・時系列で書く・日付を入れる
・複数のペンを使い分け痕跡を残す
・実物をそのまま貼る
・収納できるポケット作り
・ポストイットのベースステーションを創る
・付箋「超」活用術

●第3章 ノートを使った仕事術
・「プロジェクトノート」は同じページに追記する
・「予想」「実行」「結果」はペンで色分け
・付箋を使ったタスク管理術
・「企画」に活かすノート術
・移動しながらアイデアを出す技術
・競馬と同じ! 予想と結果の「会議ノート」
・「いつ誰が何をやる」の書き方
・予想と結果の「記録」が成長の原動力
・議事録をラクに書くコツ
・コーネルメソッドを会議ノートに応用してみる
・ラフなミーティングの議事録ノート
・電話メモをノートに貼る
・「出張・外出ノート」は機動力重視

●第4章 ノートを使った時間管理術
・スケジュールノートとは何か
・スケジュールは紙でマネジメントする
・予定を忘れるために使う
・書き方は「マンスリー」で一元化
・「打ち合わせ」でスケジュールを決める
・「電話」でスケジュールを決める
・「メール」でスケジュールを決める
・スケジュールを「チームで共有」する
・「WEB」でスケジュールを決める
・「バッファー」からスケジュールを決定する
・「タスクリスト」からスケジュールを決定する
・定期的に開催されるスケジュール

●第5章 自己投資のためのノート術
・自己投資は「リターン」にこだわる
・資格を取るためのノート術
・読書は「A書評」でまとめる
・実行するには「キーワード」に落とす
・もっとも簡単な読書スクラップ術
・セミナーノート術・セミナーは人脈の釣り堀
・ノートと名刺を使った「人脈管理術」

●第6章 デジタルを使ったノート術
・面倒くさがりやのための「イメージ検索」
・ワンランク上の中面イメージ検索
・iPhoneとのリンク方法 ......他

●第7章 仕事ノートに使うお勧め文房具
・ノートと組み合わせて使う、30個の文房具
・デジタルツールを紹介

ポイント

◆社会人のノートは『忘れる』ために使う
 すべてを覚えておこうとすることは、現実的ではありません。
あとで必要なときのために記録しておき、忘れるのです。そうすることで、ストレスなく目の前の仕事に取りかかれます。それがもっともパフォーマンスの高い方法です。(P8)

 この考え方は目からウロコでした。
 学生のときは“覚える”ためにノートを使いましたが、社会人は“忘れる”ために使うんですね。
 忘れていても、ノートには“記録”として残っている。つまり、アイデアを貯金している感覚なんです。

◆ノートは仕事で3冊使う
1.メモノート
2.母艦ノート
3.スケジュールノート (P24)

 美崎さんは、ノートを3冊使用しているんだそうです。
 まず、メモノート。A6やA7のおもにメモ帳として使うノートのことです。
メモノートは、とにかくどんな状況でも取り出せてスピーディーに書けることがメリット。
 そして母艦ノート。
 母艦ノートには、メモノートに書いたネタは使えないものを除いて原則、すべて切り離して貼り付けていくのです。
 母艦ノートは単なるメモではなく、アウトプットすることを前提として記録しておくと効率がよいということです。

◆プロジェクトノートは同じページに追記する
1.予想のフェーズ
2.実行のフェーズ
3.結果のフェーズ

3つのフェーズすべてでノートを使います。最大のポイントは、これら3つのフェーズを同じページに追記していくということです。(P79)

 この“予想”について、会議の前にあらかじめ書いておくというのはイイですね。自分で決めるつもりで、会議での決定事項を予想する。これは新人でも中堅でも管理職でもできますし、そうすることにより未来を予想する能力もつけることができます。

◆『バッファー』からスケジュールを決める
 バッファーとは緩衝材のことです。予定とは思ったように進まないのが常ですが、スケジューリングをする際にも、イレギュラーの部分を最初から考慮するのがコツです。ぎちぎちに予定を入れずに少し余裕を持っておくことが大切です。
 スケジュールでいうバッファーとは、あらかじめ何でもできる空白の時間帯を予定に組み込んでおくということです。(P151)

 たとえば美崎さんの場合は、木曜日を丸1日バッファーとして取っておき、基本的には仕事のアポイントなどは入れないようにしているそうです。そうすると、突発的にやることになった予想外の仕事も、予定をずらさないでこの日にこなすことができるようになるんですね。
 これは早速、実践してみようと思います。

◆自己投資は『リターン』にこだわる
 自己投資において何より大切なのは、『どういう成果』を得るために、時間とお金をかけているか。それを明確にすることです。(P162)

 仕事のときと同じように、これもまたノートに予想と結果を書いてみるといいんですね。
 資格試験のための投資であれば、まず資格を取得する目的を明確にし、資格取得後をイメージして、具体的に書き出すことが大切なんです。

『結果を出す人』はノートに何を書いているのかオフィシャルサイト

みさ吉オフィシャルブログ

感想

 私は仕事でノートは2冊使用しております。
 なんでもノートとスケジュールノートです。
 スケジュールノートは週と月の予定が見れるような少々大きめのものを使用。
 なんでもノートは市販のA4ノートです。
 しかし、なんでもノートには、付箋に書いたメモをに貼り付けたり、そのまま書いたりでかなり見にくい状態となっております。
 ですので、メモノートを上手く使い、3冊ノート術に改善します

 本書で紹介されている3冊ノート術では、メモノートの使い方が素晴らしい。
 メモノートはA6、A7の小さくモバイル性の優れたものを購入するゾ。

 母艦ノートの書き方もKAIZENが必要ですね。
 予想・実行・結果を同じページに書く。これでノートも格段に分かり易くなりますね。(きっと。)
 そして、この予想をあらかじめ書いてみるというのもよろしいかと思います。
 ワタクシ、仕事場で3色ペンを使用しているのですが、色の使い方にもmyルールを決めてみたいと思います。(今は、明確になっておりませんので。)

 もうひとつ仕事に取り入れようと思ったのは、バッファーを予定表に入れるという方法。
 今日は、これをやるゾ!と気合を入れても、相手の電話や急な打ち合わせ、苦情、上司からのスルーパスなどで、なかなか思うようにいかないのが仕事の常ですが、あらかじめ余裕を持っていると精神的にもよいのではないかと思いますね。
 これからのビジネスでは、自分の最重要の仕事については、“自分へのアポ”を予定表に入れておくということも必要なのかもしれないですね。

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)

ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2009-09-11
売り上げランキング : 6
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

編集後記
 週末はF1で鈴鹿市内は大渋滞でしたので、家で過ごしました。
 家族で庭の畑に野菜の種まきをしましたよ。
 いっぱい収穫できるとイイな
 種まき
種まき posted by (C)わんわん
畑
posted by (C)わんわん