不景気の影響でしょうか。日本では自殺者が、12年連続え3万人を超えていますね。
 職場では、うつ病による休職者も増加しているようです。
 
 確かに、一昔前と比べると働きにくい世の中になったなと思います。
 成果主義の導入であったり、顧客の要求への対応の難しさ、コスト削減などなど・・・。
 
 よりよい社会を目指すために、みんな頑張っているはずなのに、自分で自分の首を絞めているような社会だなっ。と感じているのは私だけでしょうか。

 もっと、明るく、みんなが幸せな社会はつくれないものか。溜息だけが増える今日この頃です。

 このような社会ですので、あなたも私も『うつ病』になる可能性がゼロというわけではないのです。

 実際、仕事に行くのが辛すぎる!ってことは誰にでもありますよね。
 私も健康のことを考えると、仕事を辞めたほうがいいと思うのですが、辞めたら辞めたで、新たな問題が発生することが容易に想像できるため、歯を喰いしばり毎朝、起床しているのです。
 あまりにも辛いときにはメイドカフェにでも行って癒してもらいたいと思っています。

 このようなことを考えている余裕があるということは、私は、まだまだ、うつ病になることはないと思うのですが、やはり日々のメンテナンスというか心の持ち方は大切だと思います。

 どんな心構えで日々を過ごせばいいのかを少し考えてみましょう。

1.完全を求めない
 近頃の社会は、完全を求めすぎています。社会全体がおかしいと思ってもいい。
 なぜ、そこまでやる必要があるのか?ということって会社でありませんか。
 もう少し適当でもいい。一昔前には、ファジーなんていうのが流行っていたと思うのですが。

 世の中に完全なものなどない。人間が作っている『もの』や『しくみ』なのですから。
 話は飛んじゃいますが、以前、テレビで、どこかの国の列車のことを紹介してましたが、2〜3時間も遅れたりすることもあるそうな。(私の遠い記憶なので、そんなの無かったらゴメンなさい。妄想かもしれないし)
 列車の天井部分に人が乗っていたり、もうめちゃくちゃで、日本では『アリエナイ』世界なのですが、こんな国もある。
 そこまで適当で、それがいいのかというとそうではないけど。
 日本はあまりにも窮屈すぎる。余裕がないですよね。
 
 もう少し余裕があってもいい。会社の偉い方々には、5〜10分程度の遅刻を週に2〜3度することをお勧めしたいくらいです。  

2.たかが仕事と考える
 自分の命<仕事。こんな風に考えている方は少ないかと思いますが、もう少し、自分や他の方の心や身体のことを考えて行動した方がよいです。
 生きているから仕事はできる。のです。当たり前ですが。

 また、自分の力では、どうしようもないこと。例えば出世などですが、これは、あれやこれや考えずに『天』に任せてしまいましょう。
 投げやりに聞こえるかもしれないですが。他人が決めることは気にしてもしょうがないです。

 要するに、たかが仕事と割り切って考えましょう。今の日本では、仕事を辞めても飢えることはないです。

3.イイ人にならない
 また、イイ人になりすぎるのも良くない。まあ悪人になれとはいいませんが。
 どんなにイイ人になっても、人類すべてに好かれることは不可能なのです。
 イイ人には、人も集まりますが、仕事も責任も集中してしまいます。
 どんな忙しい時でも、頼まれた仕事を断れないイイ人は、自分を犠牲にしてまでやり遂げようとしてしまいます。
 
 自分を犠牲にしてまで、やり遂げても他人は、褒めてくれません。
 そんなことで病気になっても、『仕事を断れない、おとなしい人だったからな・・・。』的な噂話をされるのがオチです。

 ですので、無理しすぎることはないのです。

4.フラフラになる前に休養をとる
 私も、この休日は、残業疲れで、肩コリが限界点を超えたらしく、朝起きたら首が曲げられないというコントのような状態になりました。
 近所の整形外科にお世話になり、事なきを得たのですが。
 
 やはり、休養は大事です。仕事に集中すると、自分の身体が、どういう状態なのか自分では分かっていない。という状況になります。
 これには注意が必要です。
 その人の周りの人も、おかしいと思ったら、『大丈夫?』と声をかけるのも大事ですよ。

 フラフラになる前に休む。人生は長いのです。疲れすぎるまえに休養をとるのは超重要です。

5.うつは脳の病気
 うつになるのは、心が弱い。というイメージが少なからずあるのではないでしょうか。
 でも、そうじゃない。脳の神経伝達物質の量が少なくなる病気なのです。努力や根性で克服できるものじゃない。
 風邪で発熱したら、医者で診てもらいますよね。うつも同じ。おかしいと思ったら医者で診てもらわなければ、どんどん悪化してしまいます。

うつの自覚症状には以下のようなものがあるらしい。
・いろんなことに興味がわかなくなる。
・身なりに気を使わなくなる。
・ご飯を食べたくなくなる。
・身体がだるい
・しゃべりたくなくなる。

 また、うつ病と一時的な落ち込みの違いとしては

        (うつ病)    ⇔   (一時的な落ち込み)
睡眠  中途覚醒           寝つきが悪い
朝    休日に関係なく毎朝辛い  休日や楽しみがある日は起きられる
気分  ずっと毎日憂鬱が続く    日によって憂鬱度に変動あり

 参考にして頂き、おやっと思ったら早めの受診を心がけましょう。

 
 ストレス社会を生き抜くビジネスパーソンの皆様、頑張りすぎていませんか。
 たまには、会社を休んで、のんびり過ごすくらいの余裕を持ちましょう。
 たかが仕事。あなたの命の方が遥かに価値あるものです。


強いられる死 自殺者三万人超の実相強いられる死 自殺者三万人超の実相

角川学芸出版 2009-04-11
売り上げランキング : 70066

Amazonで詳しく見る
by G-Tools