大津市のいじめ自殺事件以降、マスコミに大きく取り上げられることが多くなった『いじめ問題』。
 事件の深刻さもあり、様々な対策について教育現場、警察などの機関で話し合われているようです。

◆文部科学省の『総合的ないじめ対策』とは
 文部科学省は、いじめ問題で国が積極的な役割を果たすことを盛り込んだ『総合的ないじめ対策』を公表。
 児童・生徒の命に関わる重大ないじめの場合には
1.いじめを学校が認知した場合には速やかに国への報告を求める。
2.学校や教育委員会の能力を超えた犯罪として扱うべき事案は速やかに警察に相談する。
3.いじめの加害者に対する出席停止を活用する。
 などを挙げております。

 また警察も積極的に、いじめによる被害届を受理しているという報道もあり、警察に相談しても被害届さえ受理してもらえない。というこれまでの体制からは少なからず進歩した感はあります。
 被害者側が、いじめ加害者を提訴というニュースも多くなりましたね。

 しかし、昨日もこのようなニュースが。
『入学後から常習いじめ 市教育長「不適切」と謝罪 男子中学生暴行/川越』
 いじめ被害者が、泣き寝入りしなければならない事態が減少するのは良いことかもしれない。

◆いじめの事後対策だけでは・・・
 ただ、対策として出てくるのは、いじめが発生してからの『事後対策』ばかりのような気が・・・。
 役人が机上で作成しましたというお手本のような対策では、いじめ問題の根本的な解決は難しいと思われますが、いじめに対する抑止力にはなる気はします。だから検討しないよりはずっといい。
 いじめ加害者には、いじめを行えば、こんな罰がありますよ。って示しておかないとね。
(批判してるのか、褒めているのか。よくわからない文章でごめんなさい。)

◆マスコミの皆様は冷静に
 マスコミでは大きく取上げられる『いじめ問題』
 この問題を一人一人がしっかり考えるきっかけつくりにするのは有意義なこととは思います。
 しかし、過剰な報道により、学校や教育委員会などを、ただただバッシングし、教育現場のやる気を阻害するようなことはやめて頂きたい。
 『いじめが発覚。教育現場は把握していないとコメント。それでいいのか!どうなってんだ!!』的な報道ならば小学生でもできると思いますので、その道のプロならば、それなりの取上げ方、切り口というのを見せて頂けると有難い。
 また、過剰報道により、加害者への復讐のために命を絶つ児童・生徒が増加するような事態は避けて頂きたいと心から願います。

 いじめ事件は、これからも無くなりはしないと思いますが、加害者も被害者も一人でも減少するようになってほしものです。
 児童・生徒が安心して楽しく、学び、遊べる環境を望みたい。