イメージ 2
 ついこの前、東海道のおひなさまin亀山宿に行ってきたばかりなのですが、もう少しお散歩したい。春を感じたい!と思い、関宿の方にも出かけました。
 風情のある関宿の趣を感じながら『お雛様』を観賞するのもいいですね。
イメージ 1
 関宿では、定番のお雛様の他にも珍しいものや年代ものなどがたくさんありましたので、そのあたりをご紹介していきましょう。
 ひな街道の案内板がとてもかわいい。
イメージ 5
 こちらは、『関の山車雛』
 祭りの山車を曳くお雛様たちです。
 普段は、ひな壇に座っているお雛様も運動不足解消のために一生懸命に山車をひっぱります。
 今夜は、よく眠れそうで何よりです。
イメージ 6
 こちらは明治のお雛様です。
 歴史を感じてしまいます。
イメージ 7
 御召し物は、現代よりもやや質素でしょうか。
 飾りも素朴ですね。
 姫の頭飾りはゴージャスですが。
イメージ 9
イメージ 8
 こちらは戦前のお雛様。
 70年程前のものだということ。
 これはなかなか見れないのではないでしょうか。
 ご家来の方の髪型もその当時の特徴を表しております。
 貴重なものです。
イメージ 10
 更にこちらは、江戸時代のお雛様たち。
 よくこんなの残っているな〜と感動してしまいます。
 お城の中なのかな・・・。
 人形一人一人に動きがあり、表情も豊か。
イメージ 11
 こちらは大正時代のもの。
 かなり現代のものと形が似てきましたね。
 イメージ 12
 昭和時代になると華やかで立派ですね。
 家来多いな〜。
イメージ 3
 そしてこちらが平成時代。
 ご覧のように『きゃりーぱみゅぱみゅ』がお雛様・・・という訳ではないですね。流石に。
 スロープの角度が緩くなっているのはバリアフリーを考慮・・・。
 そんなことでもないか。
イメージ 4
 多くの貴重なお雛様と出会うには関宿へ。
 3月10日まで開催されています。