それゆけ鈴鹿新報社

鈴鹿新報社代表取締役兼記者兼ドローンカメラマンの「すーちゃん」が鈴鹿市を日本一住みたい町にすべく情報を全世界に発信します。

旅で考える

鈴鹿新報社代表取締役兼記者兼ドローンカメラマンの「すーちゃん」が鈴鹿市を日本一住みたい町にすべく情報を全世界に発信します。

尖閣問題が旬の今こそ、『万里の長城』・『故宮博物院』など中国歴史散策でしょ!

 本日は、中国旅行の歴史散策編です。
 中国には4日間滞在したのですが、とても広いお国のため北京近郊の観光が主となりました。
 北京市の面積はだいたい日本の四国と同じくらいなのです。
 
 尖閣諸島でギクシャクしている日中関係ですが、気分を変えて、素晴らしき世界遺産なんぞを堪能致しました。

◆万里の長城
中国 万里1
中国 万里1 posted by (C)わんわん
 まずは、万里の長城です。
 麓からは、ロープウェイで『男坂』と呼ばれる場所へ
 このロープウェイの進行が実に不安定。
 勢いよく進んだと思えば、急停止・・・暫く休憩し、また進む。という感じ。
 夏には丁度良い緊張感?
中国万里2
中国万里2 posted by (C)わんわん
 やっと到着しました『男坂』
 でも、『男坂』って現地の人は言わないんだって。日本人だけが使っている愛称らしい。
 『日本のガイドブックにも男坂、女坂と書いてあるけど、そんな言い方はしないよ。』ということでした。

 とにかく急勾配。『男坂』って感じでしょう?
いやいや、日本はなんでも女が強いから『女坂』でしょ!という肉食女子の声が聞こえてきそうですが。
中国万里3
中国万里3 posted by (C)わんわん
 壮大なスケールです。どこまで続くのか・・・。
 万里の長城は、昔々、秦の始皇帝が、長いものが好きすぎて、こんな長〜い城を作ったとさっ。という訳ではなく、国土の周りにいた異民族(匈奴・モンゴルなどなど)の襲来に対抗するために作られたのです。
 秦⇒漢⇒南北朝⇒隋・唐⇒元⇒明と万里の長城を作り続けたのです。
 総延長は、約21,000km。つい最近まで8,500kmと言われていたようですが現代の方式で再測量した結果、2倍以上の延長が判明。 誤差も超大きい。
中国万里4
中国万里4 posted by (C)わんわん
 万里の長城の総工事費ってどのくらいだろう・・・。と思い勝手に試算してみました。
 現在の金額で、重機を使用した場合の超概算です。
 107万円/m × 21,000km × 1,000(m換算) = 22兆4700億円
 すごい高額?・・・いや割と安い??・・・全く分からない???
 失礼、取り乱してしまいました。しかし、現在まで2,000年以上の歳月が経過しても(補修作業はあったとしても)大きく崩れることもなく存在し続ける構造物。
 その時代の土木技術の高さには、ただ脱帽です。
 万里の長城の建設には相当な人力が使われたことも容易に想像できますし、相当数の犠牲者も出たことでしょう。
中国万里5
中国万里5 posted by (C)わんわん
 万里の長城の幅と高さを一応ご紹介。
 上部の幅は、約5.8m。5頭の馬が並んで進める広さとのこと。
 高さは、八達嶺の城壁で平均7.8m。
 断面的には、超巨大ではないでしょ。

◆天壇公園
 こちらは天壇公園の『祈念殿』です。
 皇帝が五穀豊穣を祈ったとされる聖なる地。
 この祈念殿の高さは38m。釘を1本も使わすに28本の柱で支える構造の木造構造物。
 どれだけ、レベル高いねん!と思わず突っ込みたくなるほど高レベルな建築技術。古代中国恐るべし。
こうえん
こうえん posted by (C)わんわん

◆天安門広場
 こちらも楽しみにしていた天安門広場。
 かつて、皇帝の居城だった紫禁城(現在の故宮博物院)の正門にあたるのが天安門。
 ここから現在の広場一帯にかけて皇帝専用通路が続き、その両側に役所が並んでいたということです。
 
 現在の広場の規模は、南北880m、東西500m。
 1949年の中華人民共和国建国式典の前に整備されました。

 私が印象深いのは、やはり1989年の天安門事件。
 民主化を掲げて天安門広場に集結する学生や市民に政府は部隊を投入。
 抵抗した人々が、銃弾に倒れました。人々が戦車から逃げ惑う映像が衝撃的でした。
 その犠牲者は、2,000人とも言われています。
天安門1
天安門1 posted by (C)わんわん

◆故宮博物院(紫禁城)

 紫禁城というネーミングなので、大きな城がボンって建っているのを想像していたのですが、恐ろしく広くてビックリ。
 天安門広場を抜け、やっと到着・・・と思ったのだけれど、まだ入口でした。

 かつては紫禁城と呼ばれた故宮博物院。
 『紫』は天帝がいる天上の紫宮のこと、『禁』は皇帝の居城に庶民が接近するのを禁ずるという意味をもっています。 
 明代14人、明代10人の皇帝が492年間に渡り、幾千人もの大臣や役人を従えて政務を行った場所です。
shikin1
shikin1 posted by (C)わんわん

 故宮博物院には『お宝』もいっぱい。
 これも一見の価値あり。
 じっくり楽しみたい方は2日に分けての見学がお勧め。ということでした。
 とにかく広くて3時間くらい歩いたので、汗だくになりました。夜はスヤスヤ心地よく眠ることができました。
sikin2
sikin2 posted by (C)わんわん

sikin3
sikin3 posted by (C)わんわん

◆中国の歴史散策を終えて
 とにかく『あっ』という間の4日間でした。
 万里の長城、故宮博物院などのスケールの大きさ、当時の建設、建築技術のレベルの高さに唸るばかりでした。
 日本が縄文時代だったころに、すでに万里の長城は作られていた。中国の歴史に驚愕するばかりです。

 これだけ素晴らしい歴史、技術を持った民族と協力しながら新しい歴史を作っていければ素晴らしい。なんて思うのだけど、帰国してすぐにこんなニュースが・・・。
 なんだかな〜。

尖閣諸島問題が旬の今。中国へ行ってきました。

torinosu
torinosu posted by (C)わんわん
 ロンドン五輪も終わりましたね。
 こちらはご存知、北京五輪のメインスタジアム。通称『鳥の巣』でございます。
 何故、このタイミングで『鳥の巣』なのか・・・。

 というのも私、この尖閣諸島問題の最中、中国北京に行っておりました。
 中国各地では、反日デモがあったようで、中国のテレビでもそれは放送されておりました。
 (日本に帰ってきてから詳細については、やっと理解できました。)
 夜間の外出はなるべく控えてくださいね。と現地のガイドさんに笑顔で伝えられました。

 今回は、その社会見学のなかで印象深かったことなどをお伝えしたいと思います。

まちの風景
まちの風景 posted by (C)わんわん

中国まち
中国まち posted by (C)わんわん

◆北京市内の交通事情
 今回の滞在では、北京市内のホテルに3泊致しました。
 中国のイメージ。朝の通勤ラッシュでは、溢れんばかりの自転車が道いっぱいに広がり・・・。などと思っていたのですが、北京市内は思った以上に自動車が多く驚きました。
 市内では約500万台の自動車が登録されているとのこと。
片側4,5車線の幹線道路をもの凄い勢いで走行しています。

 市内のあちらこちらに自動車が溢れているという印象。
急速に増加した自動車に駐車場などが対応できず、歩道、車道脇などにも駐車されています。

 ホンダ、トヨタなどお馴染みの日本車、ベンツ、BMW、アウディなどの高級車も多数。
市内は、自動車の排気ガスで年中、このように薄暗い状況だということ、黄砂の影響もあるのかな。
どの自動車にも細かい砂のようなものが一面に付着しています。

 渋滞緩和の政策として、北京市内では、ナンバープレートによる台数規制が設けられているとのことです。
月曜日は、ナンバーの下桁が2と7の自動車の通行はダメ。火曜日は、3,8が、水曜日は4,9が規制されるという感じ。
 また、バスは1元(約130円)で、地下鉄は2元(約260円)で降りるまでは何駅行っても乗り放題。と公共機関の料金を安くして自動車台数の規制に努めているのです。

中国お店
中国お店 posted by (C)わんわん
◆買い物の支払いは奥のキャッシュコーナーで
 こちらは初日に訪れた雑貨屋さん。
歩行者天国のような場所で、外国からの観光客も多かった。
やたらと店員が多い店だな。というのが最初の印象。

 その店員さんは、商品の説明をするでもなく、笑顔で対応するでもなく、ただただ、客が手に取る商品を気にしているという感じ。
 子供が商品を手に取り、少し(ほんの少し音がしたくらい)強めに元も場所に返しただけで、注意されるという状況で、若干イラッときました。

 一番驚いたのは、代金の支払い方法。
 まず、たくさんいる無愛想な店員に商品を渡し、代わりに支払い用のチケットを受け取ります。
 それから、店の一番奥にある支払い窓口(防犯用に強化プラスティックorガラスが周りに施してある。)にて支払い、領収チケットを受け取ります。
 その後、元の場所に戻り、店員から商品を受け取ります。
 商品の渡し方も全く無愛想。割れ物でも梱包などはしてくれません。ご旅行の際は、古新聞紙を持っていくことをお勧めしたい。

 中国では、万引きされることが前提となったお店つくりになっているのです。
 お国変われば・・・と言いますが、意識の違いにビックリ。
料理
料理 posted by (C)わんわん
◆商魂は素晴らしいが、サービスはまだまだ・・・
 中国は中華の本場。
美味しい中華料理を堪能するぞ!なんて思ったのも夢物語。
 どのお店も想像以上に薄味(というか味が全くない)なのに驚き。
 日本の中華料理は、日本人好みの味になっているんだなということに気づく。
ギョーザもラーメンも全く出てきませんでした。
 どこに行っても味のない焼飯、味のないマーボ豆腐、キュウリの炒め物、デザートにはスイカというラインナップ。北京ダックは味があって?美味しかった。

 それ以上に驚きだったのが、お店の従業員さん。
 客が来てもクーラーの前でおしゃべりは当たり前。こちらから何か言わないと注文もとってくれないし、メニューも出てきません。
 いざ料理がでてきても、とにかくテーブルに皿を置いていくだけです。
 テーブルに置くところがなくなると、料理皿の上に料理皿を置いていくという状況。
 中国雑技団のような配膳は一見の価値あり?です。
 こちらのお店も笑顔、挨拶は別料金のようです。
セールス
セールス posted by (C)わんわん
バスのなかでサービスです!といって配っていただきました。
そのあと、このような紙も配られてきました。
 もうお分かりかと思いますが、印鑑です。もちろんお分かりかと思いますが、字を彫るのは別料金です。
 分かっていても、若干、疲れてきたわ。
ホテル
ホテル posted by (C)わんわん

テレビ
テレビ posted by (C)わんわん
kokyaku
kokyaku posted by (C)わんわん

◆ホテルの外観は必要以上に立派だが・・・
 ホテルの外観は、唸るほど立派です。
 派手派手な彫刻がしてあったりで、『こんな凄いところに宿泊できるの!』と思ってしまいました。
 部屋も広いしね。

 ・・・が、施設は至って普通。
 トイレはウォッシュレットではないし、(しかし、観光地なんかよりはずっと綺麗です。外の施設は、ティッシュは置いてないのが普通だし、使った後のティッシュは流さずに目の前に設置されたゴミ箱に捨てます。青空トイレのところもあるし・・・。)
 カード鍵なのですが接触が悪く、1回で空けるのは難しいかったな。電気も灯すまでには何度かトライが必要でした。
 顧客満足度アンケートが一応置いてありましたが、本当にそこまでやる気があるのかは疑問です。

◆ガイドさんの話が興味深い
バスで移動中にガイドさんが興味深い話をいろいろしてくれました。
そのなかでも印象に残ったお話をいくつか。

1.一人っ子政策には罰金あり
 中国では人口の抑制のために一人っ子政策がとられています。
子供を2人以上もつのは原則禁止。
 2人目以降には罰金が科せられます。
 一般的に地方部で130万円/人、北京市内では200〜300万円/人の罰金とのこと。
 ガイドさんにも子供が2人居るのですが、出生届は1人しか出していないとのこと。
もう少し稼いで、子供が学校に入るころには罰金を払う予定だそうです。
 北京市内のサラリーマンの平均給与(平均8〜9万円程度)から考えてもお安くないですね。

2.勇気あるものが優先
 観光で道路を横断することも度々あったのですが、中国では横断歩道を渡っていても猛スピードで車が突進してきます。本当に止まる気がないような勢いです。
 中国人の歩行者も慣れたもので、その間を縫うように軽快に道路を渡っていきます。
 日本のように信号だけを信じて渡っていては確実にはねられます。
 ガイドさん曰く、『中国では歩行者優先でも、自動車優先でもありません。勇気のあるものが優先です。』
 ちなみに、交通事故で犠牲になる方は中国全土で年間約10万人とのこと。


3.マネー事情
 北京市内のサラリーマンの平均給与は8〜9万円/月。IT関連が最も高く20万円/月程度。
 物価上昇率は年6%程度、銀行金利は年3%のため貯蓄よりも株などへの投資が盛んということ。
 マンションは高額で5,000万円〜8,000万円ほど。昨年度より北京市内に戸籍がないと市内にマンションは買えないようです。

4.中国人は喧嘩好き?
 とにかく賑やかな印象(この旅行での私の印象ですが)の中国人。
短気な人も確かに多い気がします。
 観光の際、列を作って待つことがあったのですが、順番を抜かした客がおりました。うちのガイドさんが注意をしたのですが、その中国人客が激怒。大喧嘩に・・・。そしてついには殴り合い。
 人間のパワーというか。たくましさを感じることが多い旅となりました。
 (日本人は勝てないな・・・とか思った。)

◆尖閣諸島問題の影響
 尖閣諸島問題勃発の最中に中国に滞在した訳ですが、北京市内はデモなどもなく(他の地方ではデモがあったようですが・・・。)至って平穏でした。
 しかし、念のため、夜間の外出は極力控えてください。というガイドさんからの注意がありました。
 また、帰路の飛行機の出発時間が、何故か2時間も遅れました。
 出国手続きが完了し、飛行機に乗り込みベルトを締めていざ離陸・・・という態勢になってから、『管制塔から、出発の合図がありません。理由を問い合わせても明確な回答を得られない状況です。』というパイロットからの機内アナウンスが幾度か流れ、機内で2時間待ちました。
 これって、ひょっとして嫌がらせ・・・。不明ですが。
 
 まあ、とにかく無事に帰ってこれましたので良しとしましょう。
 今後、中国や韓国に旅行をされるかたは少しお気をつけてください。