それゆけ鈴鹿新報社

鈴鹿新報社代表取締役兼記者兼ドローンカメラマンの「すーちゃん」が鈴鹿市を日本一住みたい町にすべく情報を全世界に発信します。

書評ー健康

鈴鹿新報社代表取締役兼記者兼ドローンカメラマンの「すーちゃん」が鈴鹿市を日本一住みたい町にすべく情報を全世界に発信します。

体温を上げると健康になる 齋藤真嗣・著

体温を上げると健康になる体温を上げると健康になる

サンマーク出版 2009-03-16
売り上げランキング : 113

Amazonで詳しく見る by G-Tools

体温が1度上昇すると免疫力はどのくらいアップするか知っていますか?

 おはようございます。わんわんです。
 本日は、米国ニューヨーク州医師。日米欧のアンチエイジング専門医・認定医の資格をもつ齋藤真嗣 著・体温を上げると健康になるを紹介します。

 本書は、タイトルのとおり体温を上げることにより健康な体をつくるという内容。
 では、体温をどうやってあげるかということについては筋肉量を増やして基礎代謝を自然に上げる方法を奨励しています。
 筋肉量を増やす筋トレを3日に一度がお薦めということ。これは傷ついた筋肉の細胞が休みの2日間で修復されるからだそうです。
 3日に一度なら無理なく実践できそうですね。

 ところで、みなさんの平熱はどのくらいでしょうか?
 私は36度くらいです。ほかの人と比べても非常に風邪を引きやすく、このシーズンはいつも一度は寝込んでしまうのです。(昨日もテニスはキャンセルし、仕事帰りに医者で風邪薬を処方してもらいました

 著者の齋藤さんによれば平熱は37度が望ましいようです。私の平熱プラス1度ですね。体温が1度上昇すると免疫力は、なんと500〜600%UPするということですからビックリですね。筋トレを頑張って平熱37度を目指そう。

 ほかにも風邪かなと思ったら風呂に入るというのも体温を上げて免疫力をUPさせるという観点から納得といった感じです。
 私は、これまで、風邪かなと思ったらお風呂はやめておくといった感じでしたので、これからは熱がなければお風呂で体を温めることにします。

 風呂上がりに白湯を飲むのも体を温めるにはイイみたいです。コレは私、最近、実践中です。慣れれば全然、普通に飲めますよ。

 また、解熱剤の使い方も反省しなくては・・・。
 仕事で休めないと、ついつい解熱剤で無理に熱を下げてしまう。ということがよくありますので、これはダメですね。 

 週末にかけて、いよいよ冬本番の寒さになるようです。
 なにかと忙しい時期ですが、皆様も温かくして健康にお過ごしください。 
 ビジネスピープルにとって健康は一番の財産です。体温1度UPで健康な体を目指しましょう。

わんわんPoint

◆体温が1度上昇すると
 体温が1度上昇すると免疫力はどのくらいアップするかご存知でしょうか?じつは、驚くべきことに500〜600%、つまり、体温がたった1度上がるだけで免疫力は5倍から6倍も高くなるのです。(P8)

◆『風邪かな?』と思ったら風呂に入りなさい
 人間の生命活動や生命維持に必要な酵素は、細胞内でつくられますが、その酵素の生成にも別の酵素が用いられますから、酵素はまさに生命維持に必要不可欠なものといえます。
 その大事な酵素が活性化するのが、じつは体温が37度台のときなのです。体温が高ければ高いほど、酵素の働きはよくなります。(P26)

 『風邪をひいたかな?』と感じたら、お風呂にゆっくり浸かり、いつもよりしっかり体を温めるようにしてください。そして顔が少しほてるくらいに温まったら、湯冷めしないように温かい格好で十分な睡眠をとるようにしましょう。(P27)

◆微熱で解熱剤を使うのは本末転倒
 熱は体が免疫力を高めてウイルスと闘うために必要なものです。それを解熱剤で下げるということは、免疫システムの足を引っ張る裏切り行為であり、まさに本末転倒な行為なのです。(P30)

◆筋肉量を増やせば、体温は自然と上がる
 筋肉を増やせば基礎代謝は自然と上がり、基礎代謝が上がれば体温も自然と上がる。(P63)

◆筋トレは3日に一度、毎日するのは逆効果
 理想的な筋肉トレーニングは3日に一回程度です。これだと、傷ついた筋肉細胞が休みの2日間に修復されるので、筋肉細胞にかかるストレスが最小限度で済みます。(P91)

◆熟睡したければ、寝る前に体を温めなさい
 寝る前にゆっくりとお風呂に入り、体温を上げてから寝ることがお勧めです。

 体を温めるためには水を少し温めた白湯を飲むのもよい方法です。(P164)


目次
 第一章 体温を上げると病気は治る
 第二章 これが『体温アップ健康法』だ
 第三章 ストレスが低体温人間をつくる
 第四章 低体温を防ぐ理想の生活習慣

内容紹介【Amazonより】
 最近、平熱が36度以下という、いわゆる低体温の人が増えています。そのような折、「体温が1度下がると免疫力は30%低下する」と警鐘を鳴らすのが、本書の著者である齋藤真嗣医師です。
 齋藤先生は、1日1回、体温を1度上げることを推奨し、体温を恒常的に上げていくことで健康な体を手に入れることができると提唱しています。では、どうすれば体温を上げていくことができるのか。ひと言でいうと、「筋肉を鍛えることで基礎代謝量が増え、平熱が上がっていく」とのこと。「体温アップ健康法」と名づけられたこの方法を実践すれば、「病気の人は健康に、体調のすぐれない人は元気に、健康な人はより美しくなる」というのです。これまでの常識を打ち破る「体温を上げて健康になる方法」に触れてみてください。
 
体温を上げると健康になる体温を上げると健康になる

サンマーク出版 2009-03-16
売り上げランキング : 113
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

≪生活習慣改革!≫サクセスフルエイジングのための3つの自己改革

サクセスフルエイジングのための3つの自己改革
サクセスフルエイジングのための3つの自己改革川田 浩志

おすすめ平均
stars少し難しいけど信頼できる
stars分かりやすさがすばらしい。
stars世界中の方々に読んで頂きたい本です。
starsお薦めします。
stars判り易かったです。

Amazonで詳しく見る by G-Tools
 今日は、HEALTH HACKS!でお馴染みの川田 浩志さんの著書を紹介します。ビジネスマンにとっては、健康への自己投資は最も重要!ですからね。
健康である時こそ、しっかり勉強しておいた方がいいですよね。
 では、いつものようにいってみましょう。続きを読む

HEALTH HACKS!

HEALTH HACKS! ビジネスパーソンのためのサバイバル健康投資術HEALTH HACKS! ビジネスパーソンのためのサバイバル健康投資術
川田 浩志

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-02-18
売り上げランキング : 212
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 今日は、HEALTH HACKS!を紹介します。
 ビジネス書をこよなく愛す著者が『健康』について科学的にビジネス書的に解説しています。
 目次を見ても、どこかで見たことのあるような題名が・・・。ビジネス書好きの心をくすぐります。

目次
1.健康の経済学
 ・『金持ち父さん、貧乏父さん』の分かれ道
 ・体はジムに預けるな
2.7つの健康習慣
 ・Win-Winを考えて健康を目指す
3.はじめての課長の健康教科書
 ・健康になるための『発見力』養成講座
 ・夢をかなえる?すごい健康術
4.『仕組み』健康術
 ・レバレッジ朝食術
5.『脳を活かす』健康法
 ・非常識な健康法?
6.『モテる』健康法
 ・健康の『鏡の法則』続きを読む