それゆけ鈴鹿新報社

鈴鹿新報社代表取締役兼記者兼ドローンカメラマンの「すーちゃん」が鈴鹿市を日本一住みたい町にすべく情報を全世界に発信します。

書評−社会

鈴鹿新報社代表取締役兼記者兼ドローンカメラマンの「すーちゃん」が鈴鹿市を日本一住みたい町にすべく情報を全世界に発信します。

今年は総選挙がおもしろい!!・書評『体制維新−大阪都』

ビジネス書2
ビジネス書2 posted by (C)わんわん


 本日は、橋下徹氏、堺屋太一氏による『体制維新−大阪都』のご紹介。
橋下氏といえば、皆さんご存じのとおり、昨年末に注目の大阪市長選で見事当選された方。大阪府知事にも『大阪維新の会』の松井一郎氏が当選し、今最も勢いがあり話題の政治家ですね。
この本を読めば、橋下氏が唱える『大阪都構想』が理解できます。


◆本書のポイント
1.国の形の大変革
 いまの大阪府庁も大阪市役所も解体して、新たな大阪都庁にする。そして大阪市内にある二十四区は中核市並の権限と財源を持つ八区ほどの特別自治区に再編する、そして周辺市にも中核市並みの権限と財源を移譲するというものです。
 都は大阪全体の成長戦略や景気対策・雇用対策、インフラ整備などの広域行政を担い、特別自治区は基礎自治体として、教育や医療、福祉といった住民サービスを受け持つことになります。
(中略)
 本当の改革は、体制を変えることです。明治維新であれ、戦後改革であれ、あるいはソ連・東欧の社会主義の崩壊であれ、ことごとく体制を変えることが究極の目的であり、新しい時代の出発です。ところが日本では、戦後ずっと同じ体制、もっといえば明治以来ほとんど同じ体制が続いている。

2.『何から何まで国がやる』では成長しない
 世界各国では、個々の都市の成長を促して、その都市と都市をつないでいくのが国の役割になっている。点と点をつないで面にするという国家戦略が主流になっている中で、いまだ日本だけが全部の面を一律にして勝負をしようとしている。
 経済産業省など国が発表する国の成長戦略には毎度、観光事業の充実、新エネルギー・環境技術の発展、医療・福祉分野への人材投入などが盛り込まれていますが、こんなことで北海道から沖縄までが一律に成長するわけがありません。

3.『強い広域自治体』と『やさしい基礎自治体』
 これからの大都市に求められるものは何か。
 大阪は二つの顔をもつ必要があります。一つの顔は世界の都市間競争に打ち勝つための『強い広域自治体』、そしてもう一つはよりきめ細かい住民サービスをおこなう『やさしい基礎自治体』。
 ある程度の規模を持った都市が、世界の都市間競争に打ち勝ちながら経済成長をはかる。そして成長による果実は、住民サービスを担う基礎自治体がしっかり配分していく。このしくみをつくるのが『大阪都構想』の機軸なのです。
 

 大阪都構想。夢のあるお話です。今年中には、総選挙も多分、行われることでしょう。橋下氏は、国会議員候補を擁立し、大阪維新の会は大躍進することになるでしょう。
 
 少し気が早いですが、今後の橋下氏を想像してみましょう。

 橋下大阪市長が大阪府知事と協力して『大阪都構想』の実現に向け、奮闘を続けるなか、遂に衆議院の解散総選挙が実施されることとなった。
 橋下氏が代表を務める『大阪維新の会』から多数の候補者が擁立されることとなり、選挙戦がスタート。
 政権政党の民主党は、すでに賞味期限切れ。政権を握っても結局何もできないことがバレてしまったため大苦戦。前回選挙で獲得した議席をことごとく失う大敗を喫することなった。
 その他の政党といえば・・自民党。こちらも皆様のご想像のとおり、今時タニガキでもないでしょう。ということで大敗。その他の既存政党は、軒並み『大阪維新の会』に歩調をあわせることにより、議席は微減。

 それを尻目に、大阪維新の会は国政でも大躍進。衆議院の過半数の議席を獲得してしまった。
 橋下氏が塾長を務める『維新塾』の生徒は、あっという間に国会議員の先生に。この方たちは、橋下チルドレンと呼ばれるようになりました。(一部の塾生は、あっという間に国会議員の先生だよ!年収2,000万円オーバーだよ!とウカレてしまい、マスコミで叩かれることに。)

 この結果、遂に日本は『道州制』に動き出すこととなりました。
 橋下氏は、マスコミを駆使し、官僚VS橋下を煽り、巧みに『道州制』に導いていきます。
 幾多の困難を乗り越え日本は47都道府県から12の道州に移行した・・・。

 と、ここまではよかったのだが。
 橋下氏の大躍進は、これで終わらなかった。道州制の後は、『大統領制』の導入である。そして初代大統領は、もちろん橋下氏。任期についても大統領の都合で延長できる。というどこかの国で聞いたことのあるようなお話。
 もちろん逆らう政治家はいない。そんなことをすれば、一瞬にして政治家生命が絶たれてしまうからだ。

 順風満帆、日本は橋下氏のもの。という状態。
 しかし、とんでもないスキャンダルが橋下氏を襲った!
 なんと、『橋下氏の愛人である。』という女性が各道州に現れ、『隠し子もいる。』ということなのだ!
 マスコミは、『家庭内でも、家庭外でも子作り。一人、少子化対策か?』などなどと騒ぎたて日本は大混乱・・・(つづく?)

◆書評
 本書を読めば、橋下氏の唱える『大阪都構想』がよく理解できる。また、大阪府と大阪市の二重行政の問題も分かり易く解説されています。
 昨年行われた大阪W選挙の意味しているところなんかも理解できます。

 また、日本の現体制の問題点、今後どのようにそれらを変えていけばよいのか。など明確なビジョンがある政治家なんだなっ、ただのタレント政治家じゃあ無いんですね。

 本書は、現在の政治にウンザリしている方にこそ読んで頂きたい。
 この勢いで、総選挙まで突っ走ってもらい、政治をおもしろく掻き回してほしいという思いでおります。

◆総合点78点
内容24/30 実践度16/20 感動度18/20 お得度15/20 デザイン5/10

体制維新――大阪都 (文春新書)体制維新――大阪都 (文春新書)
橋下 徹 堺屋 太一

文藝春秋 2011-11-01
売り上げランキング : 283

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『デフレの正体』を読んで2050年の日本を考える

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
藻谷 浩介

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-06-10
売り上げランキング : 865

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 今回は、昨年話題となった、こちらの本を読んで、2050年(私は生存していれば80歳なのですが)の日本について考えてみたいと思います。
 まず、本のポイントを抜き書きしてみました。

◆『デフレの正体』ポイント

『人口ボーナス(生産年齢人口が年々増加している状態)』と『人口オーナス(生産年齢人口が減少に転じ、高齢者が急増している状態)』と呼ばれるものですが、その影響たるや、景気の波を簡単に打ち消してしまう威力がありますし、景気循環に対処するための各種方策はこれにはまったく通用しません。(P116)

首都圏で起きているのは、『現役世代の減少』と『高齢者の激増』の同時進行です。そこでは、企業に蓄えられた利益が人件費増加には向かわない。現役世代減少に伴い従業員の総数が減少しているので−もう少し分かりやすく言えば定年退職者の数が新卒採用者の若者の数を上回るので−少々のベースアップでは企業の人件費総額は増えません。(P102)

 出生率は出生者数を増減させる二つの要因の一つにすぎません。もう一つ、出産適齢期の女性の数という絶対的な制約要因があるのです。そしてそれは20-40年前の出生者数がそのまま遅れて反映されるものであるために、後付けでいじることはできません。
 その出産適齢期の女性の数ですが、今後20年間で少なくとも三割程度、40年間には半数近くまで減少してしまいます。(P191)

 いまの年間110万人程度の出生者数を20年後にも維持したければ出生率を現在の1.3程度から1.8まで、40年後にも維持したければ2以上にまで戻さねばなりません。(P192)

◆2050年の日本とは!

その1.なんでもかんでもデリバリーOK
 日本の人口も約9,000万人になり、私の周りもおじいちゃん&おばあちゃんばかりになりました。まあ、私も今年80歳となりますが。
 また、高齢者はなるべく歩きなさい的な国の健康促進キャンペーンの成果でしょうか。満70歳を超えると自動車運転免許証の更新ができなくなした。
 そのため、体調が良い日は、近くのスーパーマーケットまで散歩を兼ねてお買いものに行きます。しかし、多くの方は、デリバリーで買い物が定番になりました。
 私の若かりし頃は、デリバリーといえばピザくらいしか思いつきませんでしたが近頃では、和食、洋食、中華なんでもござれです。しかも1食分から配達OK。
 私は本が好きなのですが、これもインターネットで注文します。支払いもネットです。便利な世のなかになりました。
 そのおかげで、健康フーズの『タワミ』という企業が上り調子なようで、95歳になられる会長が昨年の都知事選で勝利しておりました。
 『誰もが120歳まで健康に生きられる社会つくり』がスローガンで、高齢者層の圧倒的な支持を受けたようですね。近頃の社会は高齢者に厳しいですからね。

その2.移民の方が大変多くなりました
 近頃、散歩で街に出てみると本当に外国人の方が多く見られるようになりました。中国の方、韓国の方、ブラジルの方、ロシアの方・・・。
 若い人=外国人。というほどよく御見かけします。
 これは、国が近頃ちからをいれている政策の成果でしょう。
 若い移民の方を積極的に受け入れる方針のようです。確かに、日本人の若い人。働ける人がいませんので、ここは、外国の方に頑張ってもらうしかないのでしょうね。
 おかげで、国際結婚も大幅に増えました。
 私の知り合いでも、子どもが韓国の方と結婚した方が見えます。外国の方と結婚し、日本に住むと国からの手厚い補助があってよいそうですよ。
 教育費、医療費は、子どもが高校卒業まで無料。所得税や住民税の控除もあるらしい。
 この政策が功を奏して、少子化にはどめがかかり、元気な日本が再生するといいですな。
 未来の日本は、移民の皆様にかかっていると言っても過言ではない。

その3.言わずと知れた超老人大国ですが、老人にはチョー厳しい社会です
 年金制度も近頃は怪しいものです。まあ、私の若い頃も同じようなものでしたっけ。
支給開始年齢は75歳からとなりました。その代わりといってはなんですが、75歳になると『日本平和ボート協会』なる団体から『豪華客船でいく世界一周旅行に無料でご招待』というチケットが届きます。
 これは、約3ヵ月かけて世界中を豪華客船『安楽丸』で旅するものなのですが、その旅行から帰ってきた方のお話は聞いたことがない。という不思議なもので、別名、『おばすて山政策』と言われています。
 しかし、日本政府は、この団体との関係は一切否定しています。

 また、厳しいといえば医療費。昔は1割負担だったように記憶しておりますが、もう遠い昔のように感じます。現在の医療費負担率は5割。年寄りに対して、この負担率は厳しい。病気になったら死ねと言わんばかりです。
 定年退職もほとんどの企業が75歳となりました。まあ、元気に死ぬまで働いて、働けなくなったら、ポックリ死んでね。国は財政が厳しいのだから。という本音がミエミエで哀しくなるのですが、ぼやいていても仕方ない。明日は明日の風が吹く。そんな心境のこの頃です。

※内容はすべてフィクションですっ


地震から家族を守る方法〜地震・津波の基礎知識〜

 東日本大震災から、はや5ヶ月。
 マグニチュード9.0の巨大地震は、大津波を発生させ、多数の方が犠牲となりました。
 そして、今もなお余震が続いている状態です。

 今回は、地震や津波についての基礎知識を学び、いざ地震!という場合に慌てず冷静に行動できるようにしましょう。

◆三つの地震が連動して発生 
 まず、東日本大震災は、三陸沖、宮城県・牡鹿半島の東南東約130km,深さ約24kmの地点で、ここから南北約600km、東西約250kmにわたってプレートが動き、大地震が発生しました。
 特徴的なのは、三陸沖に続き、福島沖、茨城沖と三つの地震が連動して起きたことです。
 揺れが長く続いたのも、被害範囲が広範囲に及んだのもそのためです。

◆マグニチュードと震度 
 東日本大震災はマグニチュード9.0の巨大地震です。が、そもそもマグニチュードって何?震度とどう違うの?ということを説明いたしましょう。
 マグニチュードというのは地震そのもののエネルギーを表すものです。
 マグニチュードは数値が1上がるだけで、地震のエネルギーが約32倍にもなります。
 マグニチュード9は、マグニチュード8の約32倍、7の約1000倍、6の約30000倍のエネルギーを放出したということなのです。

 一方、震度というのは揺れの強さ。地震発生地点からの距離や地盤の状態によっても異なります。
 現在は最大が震度7で、震度5,6に関しては強弱に分かれています。
 下の写真のような感じ。
地震1
地震1 posted by (C)わんわん

地震2
地震2 posted by (C)わんわん

地震3
地震3 posted by (C)わんわん

地震4
地震4 posted by (C)わんわん



◆プレート境界型地震と活断層型地震 
 次に地震の種類ですが、東日本大震災の場合は、プレート境界型地震です。
 このタイプの地震は、複数のプレートのうち比重の大きい海側のプレートの沈み込みに伴い、陸側のプレートも徐々に海側プレートに引っ張られて沈んでいきます。ず〜と沈んでいくと、堪えきれなくなったプレートが大きく跳ね上がります。そのときに地上では大きな地震が起こり、海の水は一気に上に押し上げられ津波を引き起こすのです。

 また、活断層型地震ですが、プレートにグイグイ押されて断層にストレスが溜まると、それに耐えかねて、あるとき地面にヒビが入ります。これが活断層の活動で、断層が急激にずれたことにより大きな揺れが起こります。

◆液状化現象とは 
 この巨大地震の影響で、千葉県浦安市などで、液状化現象というものが発生しました。地下から土砂や水が噴出し、建物や電柱が傾いたりする現象ですが、どうしてこのような現象が起きるのでしょうか。
 液状化現象が起こる場所には特徴があります。海岸線沿いなどの埋立地。河口付近、砂分の多い地盤で地下水位が高い場所などです。
 このような場所で、大きな地震が発生すると、地盤が揺らされます。その振動で土粒子どうしのかみあわせがはずれ、土粒子が水の中で浮いた状態になってしまうのです。

◆津波は海の深いところほど速い 
 今回の震災では、多くの方が津波により命を落とされました。この津波ですが、海底5,000mなら時速800km。ジェット機並みの速さです。これが海岸に近づいて深さ500mくらいになると、新幹線と同じくたいの時速250kmになります。
 さらに100mになると自動車くらいの時速100km。海岸近くでは時速36kmになります。
 津波のスピードは、海の深いところほど速いのです。

◆とにかく逃げる。まず命を守る 
 今回の震災では、多くの方が地震、津波の犠牲となりました。
 このような震災から身を守る、家族を守るにはどうすればよいのでしょうか。
 日頃からの心構えはもちろん大切ですが、まず、命を守る。あたりまえのことですが、このことが大切なのではないかなと感じました。
 津波で亡くなった方のなかには、服を4枚も5枚も重ね着されていたお年寄りも多数みえたそうです。
 地震が発生し、避難所で過ごすことを想定した寒さ対策で重ね着をしていたのだろうということでした。
 このような準備をしていて津波に巻き込まれてしまったようです。

 『いざ地震!』となった場合には、まず、逃げる。命を守る。
 そして、命が守れてから食料、水、服・・・。と考えてもいいのではないのかな。と感じました。
  このような大震災でも避難所には数日後には、支援物資が届けられている。暫くは十分な量ではないとは思いますが。
 パニックになっているときほどシンプルに一番大切なことを考えればいいのかなと感じました。
池上彰の学べるニュース5 (臨時特別号)池上彰の学べるニュース5 (臨時特別号)
池上彰+「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」スタッフ

海竜社 2011-04-30
売り上げランキング : 10907

Amazonで詳しく見る
by G-Tools